FC2ブログ

HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


25
Category: モロッコ(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、モロッコ、アイトベンハドゥー、ワルザザート編

11月25日。朝、今年初めての霜が降りた。午前中は曇り、風が強くなってきた、13時現在外気温+10.6度。

モロッコ、アイトベンハドゥー (MOROCCO Ait Benhaddou

gool-1.jpg

2012.11.29 マラケシュのYHに滞在中、アイトベンハドゥーへ行くオプショナルツアーの募集があったのでAさんと参加することにした。

アイトベンハドゥとは (Ait Benhaddou )

アトラス山脈を越えたモロッコのワルザザート、カスバ街道沿いのドラア川岸にある、世界でも屈指のカスバ(城塞)。要塞のような日干しレンガの城壁が張りめぐらされている。映画の『アラビアのロレンス』や『ナイルの宝石』は、ここで撮影された。もともとサハラとマラケシュを結ぶカラバンの中継地だったが、世界遺産にも登録されている。

マラケシュを朝出て、夕方帰る日帰りのツアーであった。参加者5人。途中ワルザザードにも寄ってくるようだった。

IMG_0153-1.jpg

マラケシュのメディナを出たマイクロバスは農村地帯を西へ、2時間程度走り、山岳地帯に入る、アトラス山脈に分け入った。高度は相当高く山頂は雪景色も、峠で一服、寒ぶー。

IMG_0157-1.jpg

たぶん峠は2.000mは越えていただろう。峠を過ぎて高度を下げると乾燥地帯が現れてくる。途中ワルザザートの市街を通り過ぎた。ワルザザートはサハラ砂漠ほの入り口だ。

IMG_0171-1.jpg

道ばたにはらくだが。

IMG_0181-1.jpg

川の手前には住宅地が有り、橋を渡って古い住居が固まっている村に入っていく。

IMG_0187-1.jpg

IMG_0195-11

この地は映画のロケ地となったことでも有名。「アラビアのロレンス」その他の映画でも此処で撮影されている。


IMG_0204-1.jpg

この遺跡を見て歩いて居るとき、日本からのツアーのグループが何組かやって来た。こんな辺境の地までやって来るツアーがあることにビックリした。

怪しげな爺さんの2人組、日本語で話しかけても誰も返事もしない。まあ、こんな辺地にいる年寄り2人。怪しがられても致し方ないか。

_blank">IMG_0199-11

IMG_0196-1.jpg

ワルザザート (Ouarzazate

IMG_0213-1.jpg

ワルザザードとは。

ワルザザート(Ouarzazate、アラビア語表記:??????)は、モロッコの都市。人口56,616人(2004年)。モロッコ中部、アトラス山脈の南側に位置し、アトラス山脈から流れてきたドラア川が平原に出る地点にある。標高1,151m。気候は乾燥しており、雨はほぼ降らないが、ドラア川の水によってオアシスとなっている。

マラケシュからアトラス山脈を越えてサハラに抜ける幹線道路上に位置しており、交通の要衝である。空港もあり、モロッコのサハラ砂漠観光の入口となっている。ここからダデス川沿いに東のエルラシディアへと抜ける道は「カスバ街道」と呼ばれ、多くの観光客が訪れる。

ワルザザートは交通の便が比較的よく、砂漠の雄大な光景が広がっているため、映画のロケ地としてよく使われる街である。アラビアのロレンス、スター・ウォーズ、007 リビング・デイライツ、ハムナプトラ/失われた砂漠の都、グラディエーター、クンドゥンなどの映画が、この街でロケが行われた。

ワルザザートはかつてはキャラバンが立ち寄るだけの小さな村であったが、1920年代にフランス軍の基地が作られてから発展した。現在でもモロッコ軍が駐屯している。



街の向に湖が見えている。ダム湖の様だ。

IMG_0225-1.jpg

アイト。ベン、ハドーに行く時にもこの街を経由していったが、帰りにはここに車を止めて昼食時間となった。ここは街の中を幹線が走っていて。その幹線の側ので休憩をしたので、街中は見ていない。

IMG_0215-1.jpg

IMG_0216-1.jpg

IMG_0227.jpg

ワルザザードでちょっと遅めの昼食を採った。

IMG_0222-1.jpg

IMG_0224-1.jpg

ここでもタジン鍋、

2012.11.29、ワルザザートからマラケシュに帰り、翌30日、マラケシュからカサブランカに移動。30日カサブランカ宿泊。翌12.01午前中列車で1時間のカサブランカ空港駅まで移動。日本への帰途についた。カサブランカ-ドバイ-成田、成田に1泊して新千歳に、自宅へは12.03夜に帰り着いた。

お知らせ

今回の『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記はこのモロッコ編で終わることとする。一部フインランド編からポーランド、ワルシャワ編までが抜けている。これは写真のメディアがどこかに行ったことが原因であるが、見つかり次第、追加で写真の公表をしたいと思っている。

2013.11.27からは先日ツアー参加で行ったイラン、イスラム旅行記をUPする予定である。

また、一連の旅行記が終わり次第、バックパッカーの旅の『旅の技術編』として、列車の切符の購入方法、ユースホステルの予約の仕方、ビザの取得方法、世界の列車時刻表の検索の仕方、等々知り得た知識を優しく解説することもしてみたいと思っています。

海外旅行でも、旅行会社に頼って、5ツ星ホテルに泊まり、お土産を沢山買って、うまい物を食べて、飛行機で移動するような旅には余り参考になりませんが、出来るだけ安価で、自力で、気楽に旅をしたいと思う人も、少しは居ると思います。

やってみれば驚くほどお金を掛けずに旅をすることが可能だと言うことが判りました。世界中の若者達はお金を掛けず自由に世界中を歩き回っています。また、ヨーロッパの年寄りも自由に、ゆったりと旅をしています。

時間と、健康と、気力さえ有れば、年金だけで生活している、私の様な貧乏人も世界中を自由に放浪することが可能なのです。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。