HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


22
Category: モロッコ(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、モロッコ、タンジール編

11月22日、12時現在外気温+5.5度。朝の内ちょっと晴れ間が出ていたが、また雲が上空を覆ってきた、明日も1日曇りのようだ。

モロッコ、タンジール (MOROCCO Tangier)

IMG_0040-1.jpg

IMG_0043-1.jpg

Wikipedia より

タンジェ(ベルベル語: Tanja, アラビア語: طنجة‎ ṭanǧah, フランス語: Tanger, スペイン語: Tánger タンヘル, ポルトガル語: Tânger タンジェル, 英語: Tangier)は、モロッコ北部にある都市。人口は、約67万人(2004年)。ジブラルタル海峡に面した港町で、スペインやジブラルタルなどから多くフェリーが行き来し、国際都市として栄えている。タンジールの表記も見られる。

2012.11.22.午前11頃船は港に入ってきた。入国手続きはもう船の中で終わっている。岩壁にはバスが停まっていて、ターミナルまでバスで移動となった。

どうもここはタンジールの市街から相当離れた港の様だった。リスボンで出会った日本の女性が以前タンジールに渡ったことが有り、其処は非常に危険な所で、船から下りるとスリが多かったり、荷物を勝手に運びチップを要求したりで、タンジールには長居はしないですぐ移動するように、と注意を受けていたのに、この港はさんかんとして、人も余りいない。

ターミナルのインフォメーションセンターでタンジール駅までの移動方法などを聞いている間に、この港から市街行きのバスが出てしまった。1時間に1本しか無いと言う、タクシーの運転手に駅までの運賃を聞くと40$だと言う。インフォメーションセンターで聞いたときも、市街まで40Kmもありタクシー1台は40$と聞いて居たので、Aさんと2人で乗ると一人20$となり。タクシーで市街の駅まで乗車した。

帰国後、この港を調べたらどうも市外近くの港とは違って東に50kmも離れたTange Magと言う新しい港に入港したようだ、ここから市中心部には鉄道線路が工事中で、まだ開通していない。市の中心部にも以前からの港があり、ここにアルヘンシラスからの船便も入港しているようだった。

IMG_0048-1.jpg

タンジールの鉄道駅。

ここに昼頃到着した。駅でカサブランカ行きの列車時刻表を見てみると、タンジール21:35発、カサブランカ翌朝04:50の列車がある。これに乗ればYH1泊分が空くので、この夜行寝台でカサプランカに移動することにした。

IMG_0052-1.jpg

ここタンジール、ビラ駅は新興地区に新しく出来た駅のようで、駅舎も周りの建物も近代的な物ばかり、それに大きなビルの工事もあちこちでおこなわれていた、西の方に以前の港が有り旧市街もそちらにある様だ。

IMG_0061-1.jpg

旧市街には市場もあり、散策も面白いと思ったが、みんなが危険、危険というので、夜の9時過ぎまでこの新興地区で時間を過ごすことにした。

IMG_0054-11.jpg

駅から200~300m歩くと海岸に出る。芝生の美しい公園もあり、芝生に寝そべって時間を過ごした。

IMG_0056-11.jpg

IMG_0062-11.jpg

我々が到着した新港と違って旧港に真っ白なクルーズ船が止って居た。

DSCN9998-1.jpg

もうすぐ12月だというのに、太陽の光はさんさんと降り注ぎ、夏のようだ。アフリカ大陸にやって来たのだと言うことが実感出来る。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。