HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


16
Category: イタリア(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、イタリア、ミラノ編

11月16日、昼前は霧がかかって見とおしが悪い。昼から晴れ間も出て来た。外はまだ白一色。大分溶けては来たがまだ雪が一面に残っている。

イタリア、ミラノ (ITALY Milano)

DSCN9724-1.jpg

2012.11.3午後ミラノ、セントラル駅にイタリア鉄道(トレニタリアTrenitalia)が誇るエウロスター.アルタヴェチタ (AV-fast)がローマ、テルミニ駅から到着した。

予約を入れてあるYHは、ここで地下鉄の3番ラインに乗り換えAfforifn地下鉄駅までで行かなければならない。駅のキオスクで市内地図を買って地下鉄路線を頭にたたき込む。

DSCN9748-1.jpg

此処が泊まったユースホステルの入り口、塀に囲まれた広大な敷地の中の林に囲まれた中にあった。

Ostell Olinda 11月3.4.5日、3泊、Basic 4Bed Mixed Dorm 1泊21€ ¥1,995

部屋は広く4Bedとなっているが2段ベットが10ケも並んでいる。たぶんこの部屋には最大4人しか入れないと言うことだろう、同室者はイランから来たという陰鬱な青年のみ、ほとんど1日部屋に留まっている。台所は広く設備がそろっている。有料だったが洗濯機や、乾燥機も使える。まあ、街の中心部に出かけるには地下鉄で行かなければならずちょっと不便だったが、静かな環境で気に入った。


DSCN9746-1.jpg

YHの玄関を出ると、このような林が広がっている。下の写真もその林。ヨーロッパにも秋がやって来ていた。

DSCN9749-1.jpg

DSCN9741-1.jpg

次の日から毎日地下鉄で街の中心部に出かけ、歩き回った。街は石畳の道が多く、ヨーロッパ中世の面影が色濃く残って居る。

DSCN9743-1.jpg

トラムの色も街並に溶け込んでいる。この色合いの良さはさすがイタリアと思った。

DSCN9728-1.jpg

ミラノを代表するドゥオーモ

Wikipediaより。

ミラノのドゥオーモ (イタリア語:Duomo di Milano、ドゥオーモ・ディ・ミラーノ) は、ロンバルディア州都ミラノの象徴である。都市の中心の同名のドゥオーモ広場に位置し、聖母マリアに献納されているドゥオーモである。 ミラノのドゥオーモは500万人のカトリック信者がいる世界最大の司教区であるミラノ大司教区を統括する首都大司教の司教座聖堂であり、その大司教は2011年からアンジェロ・スコラ枢機卿が務めている。

ドゥオーモの最初の石は1386年に大司教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノの領主 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの要求により、古代からあったサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の場所に置かれた。 宗教改革による中断を経て最初の石が置かれてから約500年後の1813年に完成した。 19世紀を通じて、尖塔と全ての装飾が仕上げられた。

第二次世界大戦中の1943年にミラノは爆撃を受けたが、この建物は連合国側の判断で爆撃を逃れた。そして大戦が終わってすぐ、ドゥオーモは大部分を修復されると共に、木の扉を青銅製に取り替えられた。

ミラノのドゥオーモは世界最大のゴシック建築であり、5世紀もの歳月をかけて多くの芸術家によって完成された。階段またはエレベータによって聖堂の上に登ることができる。


DSCN9735-1.jpg

ドゥオーモ広場の左手にあるアルヴィットリオ、エマヌエーレⅡ世ガレリアーの入り口。

DSCN9736-1.jpg

ガレリアが交差する中心部に人々が群がっている。見ていると、中心部にある牛の浮彫りにかかとを付けて回っている。此処で一回転すると幸福になると言われて居るようだ、牛の局部がすり減っていた。

IMG_7719-1.jpg

11月4日、レオナルド、ダ、ビンチの絵画『最後の晩餐』を見ようとしてサンタ、マリア、デッレ、グラツィエ教会に出かけた。ドアが閉まっている。横の掲示板を見ると月曜日は休館日とのこと。この日が月曜日だったことを忘れていた。

残念ながら中に入ってこの絵画を見る事は出来なかった、裏手に小さな博物館が有り此処を見て回った。明日火曜日はフランスへの移動日、9時開館とのことであるが時間が無い。残念ながらあきらめた。

IMG_7728-1.jpg

このサンタ、マリア、デッレ、グラツィエ教会の左側にある、旧ドミニコ派修道院の食堂の壁にこの『最後の晩餐』が書かれている。

IMG_7725-1.jpg

サンタ、マリア、デッレ、グラツィエ教会横の小路。

IMG_7733-1.jpg

IMG_7738-1.jpg

スフォルツェスコ城に入ってみた。

14世紀にミラノを支配していたヴィスコンティ家が建てた居城を、15世紀にスフォルツァ家が堅牢な城塞として改築。改造にはダビンチやブラマンティも携わった。門を入って行き城を通り過ぎると広大なセンピオーネ公園があった、紅葉が始まりかけた林と芝生のコントラストがすばらしかった。大都会の中に静かに時が流れている、すばらしい公園だ。

IMG_7742-1.jpg

IMG_7753-1.jpg

IMG_7754-1.jpg

黄色く色づきだした楓の葉を透して柔らかな秋の日の光が差し込んでいる。

IMG_7765-1.jpg

スフォルツェスコ城前の噴水。

IMG_7767-1.jpg

DSCN9761-1.jpg

ミラノセントラル駅構内に泊まって居たイタリア鉄道の機関車

DSCN9763-1.jpg

エウロスター、シテイ。

DSCN9765-1.jpg

レオナルド、エクスプレス。
5日、この列車に乗ってコートダジューを通ってベンチミグリア(フランスとの国境駅)まで行った。

DSCN9766-1.jpg

フレッチャロサ(赤い矢)、ETR500




スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。