FC2ブログ

HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15
Category: イタリア(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、イタリア。ローマ編その1。

11月15日。午後1時、曇り、遠くの山は雪雲でかすんでいる。外気温+3.5度、積雪は13cmまで減ってきた。

イタリア、ローマ(ITALY Roma)

DSCN9719-1.jpg

鉄道切符12


イタリアの鉄道切符。上はナボリセントラル駅からローマテルミニ駅までのもの。2等。
下はタラント駅からナポリセントラル駅までのもの。この鉄道切符を持って居るのにバスに乗せられてしまった?

DSCN9607-1.jpg

2012.10.30午後ナポリからローマに列車で入った。予約を入れておいたYHは駅の側のようだ。ここローマ、テルミニ駅を外に出ようとして脅かされた。私の前を猛ダッシュの黒人の若者、その後を追いかける警官。スリの様だ、ローマに着く早々驚ろかされる。この街では気を引き締めなければと思った。

今夜のユースホステルは駅をでて、歩いて5分もかからなかった。

DSCN9630-1.jpg

Hostel Beautiful 2. 10月30.31.さらに11月1.2日と4泊、4Bed Mixed Dorm Ensite。
10月30日のみ1泊19.90€、¥1,890。他の3日は、1泊25.88€、¥2,459。初めてこんな高いYHに泊まった。
Beautifulなんてうそだー、汚くは無いが何がビュウテフルか? それに4Bedなのに3日目に、なにやらお祭りがあり観光客が沢山来ているので、部屋にもう一つベットを入れさせてほしいと5ベットにされてしまった。

朝食付きでは有るが、このYHの受付で食券もらい隣のレストランでパンとカプチーノと卵焼きを貰って食べる。まあ、2段ベットではないし、なにせロケーションが抜群だったので、よしとした。

DSCN9628-1.jpg

食料の買い出しも隣のテルミニ駅の中にあるスーパで買うことが出来る。駅には沢山の店が並んでいる、レストランも沢山有った。YHを出てすぐの小路に中華料理屋があり、久しぶりに中華料理を食べた。

DSCN9614-1.jpg

30日から街に飛び出して、トラムに乗り、バスに乗って市内を歩きまわった。駅のキオスクで市内地図を買い、地下鉄も3デーチケットを買い地下鉄を乗り回していた。

DSCN9610-1.jpg

ローマはどこに行っても遺跡があり、遺跡の中に街が埋もれているようだ。毎日街中を一人だほっつき歩いて居た。でも、常にスリには警戒を怠りなくである。

DSCN9632-1.jpg

30日、ユース同室に初老の女性が泊まった。東洋人の風貌、カトリックの尼さんだった。声を掛けてみるとカナダ在住の日本人だった。もう日本を離れて30年も達つという。少し日本語が怪しい。

31日から始まるバチカンの祭典のため、カナダの修道院から派遣されてローマにやって来たとのこと。あすバチカンに行くので、もし、興味があるなら案内しますからご一緒しませんかと誘われた。ただ、バチカン市国にはいるには前日までに入域許可書を所得していなければ入られ無いとのこと、この尼さんが何とか入手してあげましようと言ってくれた。

翌31日朝早くバチカン市国に電車で行く。電車を降りて歩いて行くと猛烈なひと、途中でこの尼さんとはぐれてしまった。この日は月1度の法王の講話がサンピエトロ広場である日。広場の柵の入り口で警備をしていたスイス兵に許可書を持って居ないが入る事が出来るかときくと、許可書を所持していない者は中には入ることが出来ないと断られてしまった。

この兵は私の顔をじっとみて、入りたいかと聞くので、入りたいと答えると、内ポケットから許可書を出して手渡ししてくれた。ラッキー!

朝8時頃広場に入ったが続々と信者達が広場に入ってくる。法王が広場に現れるのは10時半。こさめが降り続き肌寒い。10時過ぎに法王が広場に姿を現す。人々は一斉に『パパー、パパー』と声を上げる。10時半からお祈りが始まり、全世界の信者の祝福を祈って12時頃、退出していった。

サンピエトロ広場入域許可書

サンピエト広場入域許可書。

DSCN9647-12.jpg

法王は防弾ガラスに守られた車で信者の間を回っている。2012年であるので以前の法王である、この法王は2013年2月28日に退位している。

DSCN9656-12.jpg

DSCN9655-12.jpg

DSCN9659-1.jpg

DSCN9666-1.jpg

DSCN9668-1.jpg

11月1日コロッセウムに行ってみた。

Wikipediaより。

コロッセウム(ラテン語:Colosseum, イタリア語:Colosseo コロッセオ)は、ローマ帝政期に造られた円形闘技場。英語で競技場を指す colosseum や、コロシアムの語源ともなっている。現在ではローマを代表する観光地である

DSCN9669-1.jpg

DSCN9670-1.jpg

DSCN9673-1.jpg

ローマでの写真が多くなったので2部に分けることにした。次の写真ははその2で。







スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。