HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


09
Category: ルーマニア(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、ルーマニア、ブカレスト編

11月09日、昨日から今日は霙または雪になるかもと天気予報が出ていたが穏やかな1日になった、曇りではあるが時々晴れ間も覗く。

山の初冠雪は例年よりも10日も早かったが、平地の初雪はまだ、例年10月下旬か遅くとも11月の初めには雪が訪れて居るのに今年はまだである。

ルーマニア、ブカレスト(ROMANIA Bucuresti)

DSCN9219-1.jpg

2012.10.08.11:25分にシギショアラを出て午後4時過ぎにブカレストに到着する予定であったが、隣国ハンガリーりのブタペストを発車した列車は80分も遅れてシギショアラに到着、おかげでブカレスト到着は午後6時近くになってしまった。駅構内で昼食とも夕食とも付かない食事を終え駅を出るともう暗くなっていた。

ここブカレスト、ノルド駅は悪名が高い。駅付近ではスリや強盗事件が頻発、警官も腐っている。警官もジーパンにTシャツ、その上にチョッキを羽織っている。チョッキの背中にPORISの表示、腰にはピストル、誰が警官なのか偽警官なのか判らない状態。

薄暗くなった駅前をリュックを背負った年寄りがほっつき歩くのは危険と、ひさしぶりにタクシーに乗ることにした。値段交渉に入ると、『メーターだ』と、とりつく暇も無い。暗い街中を約40分も走ってやっと予約を入れておいたYHに着いた。日本円で1,200円の請求、べらぼうめー。文句を付けたがメーターがそう表示している。

翌日YHをでて街中を散歩していると600mも離れずに駅があった。やられたー。

DSCN9168-1.jpg

ノルド駅で昼食兼夕食を食べた。

DSCN9217-1.jpg

ブカレスト、ノルド駅は巨大な駅だった。コンコースから出口に続く通路。

DSCN9225-1.jpg

駅の出口を出ると地下鉄駅に降りる階段があった。駅前の風景。

DSCN9212-1.jpg

ブカレストで泊まったユースホステルの入り口。
Green Frag Hostel 3泊、8ベット、ミックス、ドミ。1泊30ルーマニア、レイ(RON) 日本円で1.300円

右手の階段を上がりドアをおして中に入る、玄関ホールには大型冷蔵庫がありジュースやビールが冷えている。
また階段の下にはテーブルと椅子があり脇に灰皿が有り、町歩きに疲れて帰って来たら此処でビールを飲んでタバコをすっていた、いつも猫が2.3匹うろちょろしていて、私が椅子に座ると膝に飛び上がって乗ってくる。猫好きが判るようだ、これだから街から帰るときに猫の餌を買って帰らなければならない。

DSCN9197-1.jpg

国民の館前の統一大通。

ルーマニアの首都ブカレスト(ルーマニア語での発音ブクレシュテイ)。カルパチア山脈の南に広がるワラキア地方の南東に位置している。人口194万人。

20世紀初めには、「バルカンの小バリ」と称されるほど美しい街並を誇っていたが、いまはその面影は旧市街のごく一部と凱旋門に続く通り沿いのみ。
古い教会や歴史的建築物は独裁を続けてきた共産党の手によってことごとく破壊されている。通りを歩いていると巨大な建築群がやたらに目にとまる、その最たる物は故チャウシェスク大統領の野望を有形化した旧共産党本部や国民の館だった。

統一大通り。国民の館を起点として約4Kmにわたりブカレストの町を走り抜ける大通り。統一広場でブラチアス通りと交差している。メガロマニアと呼ばれたチャウシェスクはバリのシャンゼリゼ通りと寸分違わない幅、長さを実現しょうとしたが、現実には幅が6mひろくなっていた。

統一大通りの両側には高さが同じ豪華マンションが続いて居る。当時は政府要人の住む住居街とする予定だったらしい。今は一般人が住んでいる様だ。この地域は以前ブカレストでも最も古い旧市街地だったがこの大通りを建設するために沢山の史跡や建物が取り壊され、街並が塗り替えられた。

DSCN9186-1.jpg

国民の館 (Casa Poporului)。

故チヤウシェスク大統領が、日本円にして約1500億円を投じて作らせたという巨大宮殿。部屋数は3102室、世界中のか官庁、宮殿などの建物ま中で、アメリカのペンタゴンに継ぐ規模と言われて居る。宮殿内部は、天井、壁、窓枠に至るまでふんだんに純金が使われている。正に贅の限りを尽くして作られたため、国民は飢餓を強いられた。

現在は各政党のオフィスが入居する外か、国際会議やコンサートに使われている。

DSCN9190-1.jpg

DSCN9199-1.jpg

DSCN9193-1.jpg

国民の館、中央入口階段。

DSCN9178-1.jpg

旧市街の街並。

DSCN9201-1.jpg

このような古い建物は数は少ないが旧市街地にいくらかのこっていた。

DSCN9224-1.jpg

この街にも例のショップがあった。

DSCN9213-1.jpg

町角にあるATM、とこの国でも町角の外壁にATMがあり、日本のように銀行の建物の中に入らなくとも良い、また24時間稼働している物がほとんどだ。非常に便利だが、現金を引き出す場合はあたりを見渡して近くに人が居ない時を目がけて素早く操作をしなければ危険。

DSCN9227-1.jpg

ブカレスト地下鉄のホーム。

DSCN9236-1.jpg

10月11日、ブカレスト、ノルド駅からブルガリアのソフィアまで移動となった。10月11日23:15発、ソフィア着10月12日09:25着の寝台列車である。


DSCN9231-1.jpg

一人旅ではチョットでも荷物から目を離すと置き引きに遭う。ベンチに座って列車を待つ間はこの様に荷物を鎖でベンチに固定することが必要である。

DSCN9210-1.jpg

国際列車の乗車券。下は普通乗車券でブカレストからブルガリアのソフィアまでの乗車券、上は寝台券(座席指定を含む)。
ヨーロッパの鉄道切符は様々で、このように乗車券と指定券または寝台車券が別になっているものもあり、また1枚のキップに全部が含まれている物もある(包括乗車券)。

DSCN9174-1.jpg

ヨーロッパの列車はまだ電気機関車が牽引する列車が残って居る。列車はワゴン(個室)なっている物が多い。中国や旧ソ連圏の列車は廊下と個室を隔てるドアや壁は木製で、廊下から室内は見えない。一方このルーマニアあたりから西へ行くと廊下と個室の壁やドアはガラスになっていて、廊下から室内が見える。室内は3席向き合いで6席が多く、中には2×2で、4席の物もある(2等車の場合)、1等車は乗っていないので判らない。高速列車はほとんどが日本と同じオーブン席である。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。