FC2ブログ

HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


19
Category: ポーランド(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、ポーランド、アウシュビッツ編

2012年09月15日、クラコフ滞在2日目、バスセンターに出かけアウシュビッツ行きのバスに乗った。1時間半程度でオシフィエンチム市に到着。アウシュビッツ強制収容所はこの市の郊外にあった。

アウシュビッツ強制収容所 Wikipediaより。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(独: Das Konzentrationslager Auschwitz-Birkenau、波: Obóz Koncentracyjny Auschwitz-Birkenau)は、ドイツが第二次世界大戦中に国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、最大級の惨劇が生まれたとされる強制収容所である。

アウシュヴィッツ第一強制収容所はドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市(ドイツ語名アウシュヴィッツ)に、アウシュヴィッツ第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村(ドイツ語名ビルケナウ)につくられた。周辺には同様の施設が多数建設されている。ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録した。公式な分類ではないが、日本ではいわゆる「負の世界遺産」に分類されることがしばしばである[1]。一部現存する施設は「ポーランド国立オシフィエンチム博物館」が管理・公開している。


一日この世界遺産を見て回ったが、クラコフに帰り着いても一日胸がむかむかして気分が悪かった。人間は本当にこのように狂い得るのか?
2009年にウズベキスタンのサマルガドを訪れた、この古都の郊外に13世紀にジンギスハーンの軍隊に破壊尽くされた旧都の跡があった、約30万の住民を殺戮し尽くし街を破壊し尽くした跡は小高い丘として残って居た、この時も人間の狂気の業に只呆然として、言葉も出なかった。このボーランドの地でも同じ思いに至った。

建物内には遺品が沢山陳列されていたが、胸が悪くなり写真を撮る気にはならなかった。もう二度とこの地には来たくない。

ほとんど写真の説明を入れません。思い出しても気持ちが暗くなる。

DSCN8657-1.jpg

管理事務所の入り口、ここでチケットを買い、ガイド(1説明員が20名程度受け持つ、説明言語別に班分けされる)に付いて見て回る。この日ロシア語のガイドは昼からだったので、英語のガイドについて回った。カイドの胸元にマイクが有り、各人はイャホーンを掛けて説明を聞く。

DSCN8660-1.jpg

DSCN8662-1.jpg

DSCN8665-1.jpg

この小さい穴は防空壕、

DSCN8666-1.jpg

DSCN8669-1.jpg

DSCN8677-1.jpg

DSCN8682-1.jpg

DSCN8685-1.jpg

DSCN8688-1.jpg

死の門。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。