HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


31
Category: ロシア(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

禿爺の『ユーラシア大陸横断一人旅』旅行記、モスクワ編

12月31日、朝5時、外気温+0.6度、積雪55cm。
30日より温度が上がりだし昨日は雨となった、家の前の小道は雪が溶け出しテカテカに光っている。これで温度か例年並みに下がると完全にアイススケート状になるだろう。

私の旅日記、ボルゴグラードに入った所で停まっていたが、そろそろ再開することにする。

8月25日ボルゴグラード駅に出かけて26日のキップを買ってきた。現金が足りなかったのでカードで買ってきた。列車は2等クーペ、座席番号は残念ながら偶数、これは2段ベットの上段だった。

ロシア-1

写真はボルゴグラード駅。この写真、ホーム側から見たところ。駅舎の上にボルゴグラード1駅の表示がある。ロシアでは始発駅でない限り駅前から駅舎を見たところはだだ『駅』としか表示されていない。ホーム側(列車の中から)見たところにはその都市名が書かれている。

DSCN7921-1.jpg

これからモスクワに向かう、老人バックパッカーの2人。ホームが低く重たいリュックを列車に積み込むのは年寄りにとって大変つらい物があった

ボルゴグラード17:01分発、モスクワ着翌日の14:06分着である。ボルゴグラードを発車したときワゴン内はAさんと2人きりであったが途中の駅から中年の女性が2人乗り込んできた。列車に乗り込む前に我々も食料を買い込んで乗り込んだが、下段の女性も手作りの食べ物を持ち込んでいて、我々に食べるように勧めてくれる。

この日ベットの上段でPCを使ってメモを取っていたときに手を滑らして下に落としてしまった。PCは電源は入るがウインドウズが立ち上がらない。PCの角も少し曲がっていてどうもハードデスクにアクセスできないようだ、色々とやってみたがだめ、諦めた。でもスホステルの予約をネットで入れながらの旅、しばらくはAさんのPCを使わせて貰うことにしたが安いPCが有れば買うことにした。

DSCN7930-1.jpg

8月27日、午後3時頃モスクワのバベレツキー駅に列車は入った。モスクワには何カ所かの駅があり列車に乗り込んだとき自分の列車がどの駅に着くか判らなかった。予約を入れたホステルに行くには到着駅が判らないことにはどうすることもできない。同室の女性2人組は途中の駅で降りてしまっている。車掌に聞いてやっとパベレツキー駅到着と判った。

この駅で下車してすぐキオスクに行ってモスクワの市街地図を買う。駅内のレストランに入り軽食とコーヒーを頼んで地図で今夜泊まるまるユースに行く方法の検討に入る。この駅から地下鉄で7ツ先のメトロ駅で降り、そこから探すことにした。

地下鉄から上がり近くの店でどちらに行けば良いか聞く、通りはすぐ判った住所の通りに行くと数十軒のアパートが有りどうもこの中にありそうだ。しかしアパート群に入るには鉄索の中に入らなければならない。困った。ちょうどそのとき鉄索の中から車が出てきて鉄索が開いた。そのすきに我々2人は中に入る。さあ、どの建物か?
アパートの壁に番号が書いてある。何とか探し当てたようだ。でもアパートの入り口は鍵がかかっていて、ユースホステルの標識はない。

そのときアパートのドアがあいて女性が出てきて、我々にユースの宿泊者かと聞いてきた。助かった。アパートの中に入り3階まで階段を上がる、そこのドアに葉書大のユースホステルの標識があるのみだった。
これではロシア語がわからないものにとっては探し当てることは不可能に近いと思った。ここPanamas Hostelから赤の広場には歩いて15分程度、ロケーションは大変良い所であった。

モスクワは3泊の予定。次の日から地下鉄を乗り回してこの街を歩き回った。

DSCN7943-1.jpg

赤の広場にあるポクロフスキー聖堂(ワシーリー寺院)

次の日早速赤の広場に出かけた。此処では数日後に大がかりなイベントがあるとかで広場はイベント会場設営のためあちこちで工事中だった。

DSCN7944-1.jpg

レーニン廟。Aさんはここのレーニンのミーラ(?)を見たいと言ったが工事中で中に入ることはできなかった。

ロシア-6

ヴアスクレセンスキー門。赤の広場に入る入り口にある門。元々は17世紀に建てられたが、スターリンによりパレードの邪魔になるとして1931年に破壊された。ソ連崩壊後1995年再建された物である。

ロシア-4

国立歴史博物館

ロシア-3

クレムリ城壁の外側の散策道路

ロシア

雀が丘から望むルジニキー大スポーツセンター。(この丘にはモスクワ大学が有り写真を撮ったのですがそのメデアが帰国後何処に行ったのか判りません、無くしては居ないと思いますが、出てきましたら追加で写真をUPします)

ロシア-8

雀が丘にあったジャンプ台。

DSCN7949-1.jpg

赤の広場の近くにあるボルショイ劇場。ボルショイとはロシア語で大きいという意味、すなわち『大劇場』と言う意味だ。当然小劇場もモスクワにはある。こちらはマールイ劇場と言う。

ロシア-5

ノーブイ、アルバート通り。東京の銀座の様なとおり。

ロシア-9

ノーブイ、アルバート通りにあった日本レストラン。

ロシア-7

モスクワ3日目、サンクト、ペテルブルグに移動するために列車のキップを買いにヤロスラブリ駅に行った。

DSCN7963-1.jpg

ヤロスラブリ駅構内。


 
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。