HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


In 03 2013

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


25
Category: 風景   Tags: ---

『冬来たりなば春とうからじ』なんて、ウソだ~。

3月25日、久しぶりにやっと太陽が顔をだした。

3月6日このブログで啓蟄を過ぎたので起き出すか、と書きました。アナから出てみますとまだ周りは雪景色。その後関東では桜の季節も終わりかけ、あちらひちらから桜が散りだしているとの便りも聞かれるのに。北国のド田舎村はいまだ冬の真っ盛りの様相です。

IMG_0254-1.jpg

3月25日現在の自宅前の雪の山です。この状態であれば8月頃まで雪が残っているかもしれません、(冗談)。

3月6日にアナから出てBlog再開のお知らせをしましたが、アナの外の雪景色にビックリしてまた巣穴に戻り冬眠の続きをしています。

今しばし、旅行記の再開は難しいようです。ごめんなさい。ペコリ。

関連記事
スポンサーサイト


06
Category: イタリア(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

3月5日は啓蟄、そろそろ長かった冬眠から起き上がることとするか。

3月6日、しばらく冬眠していました。

毎日何もやる気がでず、寝たり起きたりの生活。鬱症状が続いて居ました。昨日は啓蟄、太陽の光にも春を感ぜられる頃になりました。
昨日、2012年のバックパッカーの旅で一部同行したAさんからSkype有り、彼も毎日寝たり起きたりの状況、やはり年寄りにとっての長旅は相当きつかったのかとも思って居ます。気力を使い果たしてしまったようです。

旅行記のBlog、ロシアからフインランド、バルト三国以降の写真が保存されていたSDカードがどこかに行ってなかなか出てきません。帰国した頃は手元にあったのですが? 探す気力も無く時間が経ってしまいました。

致し方ないので今手元にある分からBlogを再開いたします。写真の無いページが続きますが、SDカードが出てきた段階で写真を上げますのでお許しください。


2012.10.31日、バチカン市国のサンピエトロ広場でローマ法王、ベネディクト16世に会いました

2月28日、バチカンのベネディクト16世が退位したことが報道されています。

私は2012年10月31日、ローマ滞在中にサンピエトロ広場に出かけ法王に会うことができました。
まさか、一人で謁見したわけではありません。この広場では毎日曜日に法王が世界中から集まった信者の前に出てきて説教をすることになっているのです。

この年の10月30日、私はナポリから列車でローマに入りました。予約を入れていたユースはローマのテルミニ駅のすぐ横に有り、6時過ぎにチェクインしました。部屋はドミの6人部屋。この部屋にどうも東洋人のような初老の婦人が居て問ねてみると日本人でした。30数年前に日本をでて、現在はカナダの修道院で生活をしている尼さんでした。彼女は数年に一度のバチカンである大祭に参加するためにカナダから一人で来ているとのこと。久々の日本語でたどたどしいところもありましたがカトリックに付いて色々と教えてくれました。

彼女が『明日、日曜日にローマ法王がサンピエトロ広場に出てこられ、世界中から集まった信者に説教をなされるので、一緒しませんか?』と誘ってくれました。只この日には広場は柵で囲われ、整理券を持って居る人のみ中に入る事ができ、整理券は今日土曜日の午後4時で交付は締め切られているので、明日行ってみて中に入ることができなければ、修道女の私が交渉してみますと言われました。

翌10月31日朝7時にYHを出て市電でバチカン市国に向かいました。この日は朝早くに行かなければ広場は満杯になり、前の方には行けないとのことでこの時間に出かけたのです。広場に着くとものすごい人が開門を待つってごっかたえしています。

このとき悪いことにこの人混みの中で彼女とはぐれてしまいました。仕方が無いので門の近くに居た警備のスイス兵の所に行って『整理券を所持していないが中に入ることはできないか』と聞いてみました。警備兵は『整理券の無い物は此処から中に入ることはできない』と答えて、私の顔を見て『どうしても入りたいのか?』と聞いてくるのです。『もちろん』と答えると、マントの中から1枚の整理券を取りだして私に渡してくれました。『グラッチエ、グラッチェ』です。

8時に開門、雨が降り出してきました。上下カッパを着て、傘を差して前へ前へと進みました。広場の前2/3は椅子が敷き詰められています。

法王は10時に出てこられます。私は前から3列目に陣取り、雨の中2時間も待ち続けました。

10時過ぎ法王は建物から出て車で信者の間を回って建物前の席に着かれラテン語で信者への祝福の説教を始めました。この祝福のミサは12時に終わりました。

DSCN9656-1.jpg

DSCN9632-1.jpg


DSCN9647-1.jpg

法王が建物から出て、車に乗って信者の中を進み出すと一斉に『パパー、パパー』と歓声が上がり出しました。世界中から信者が集まってきています。

DSCN9649-1.jpg

写真がピンボケ気味です。ご勘弁を

DSCN9650-1.jpg

DSCN9651-1.jpg

関連記事



1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。