HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


In 09 2010

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


27
Category: 未分類   Tags: ---

50年遅れのバックパッカーの旅へ、いざ!

昨年から暖めていた、50年遅れのバックパッカー、放浪の旅にやっと重い腰が上がりました。

当初、8月中旬に出国を予定していましたが4月中旬頃から体調が悪く踏ん切りがつかず、ずるずると実行を延ばしていました。

北国の山に初雪の便りが聞こえだしやっと重い腰を上げることにしました。10月6日に日本を脱出します。当初稚内からフエリーでサハリンのコルサコフ港にわたる予定を持っていましたが、冬も近づき来年の春までフエリーは運休になってしまいました。仕方が無く、6日13時に新千歳空港からユジノサハリンスクへ飛行機で入ります。

ビザはロシアとカザフスタンをすでに取得、後はカザフスタンのアルマトゥィとウズベキスタンのタシュケントで取得するつもりです。

今回の旅行で訪れる予定の国

ロシア、カザフスタン、クルグスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニア、トルコ。 以上10ケ国

アジア横断旅行図

旅のルート

新千歳から(飛行機で)-サハリンのユジノサハリンスクに、その後ホルムスクへ、ここから間宮海峡をフエリーで大陸へ、ワニノ港に、ここで第2シベリヤ鉄道(BAM鉄道)に乗車、コムサモリスクナアムーレに、以後テンダ、セーベロバイカルスク、ブラークツク-タイシェット-ノボシビルスク、ここから南下してバルナウール、国境を鉄道で越えてカザフスタンへ以前首都であったアルマトゥィに、ここで1週間程度留まり、先の国のビザを取得。その後クルグスタンのビシュケクへ。政情不安が続いているのでできるだけ早くタジキスタンのドゥシャンベに、その後ウズベキスタンのタシュケントに入り、ここで2週間程度留まる。次の訪問予定国のトルクメニスタンのトランジットビザをここで取得、10日程度かかるので、その間ウズベキスタンのまだ訪れていない地域を見て回る予定。

中央アジアの北朝鮮と揶揄されているトルクメニスタンを5日間のトランジットビザで通り抜け、トルクメンバシュからフエリーでカスピ海を渡りアゼルバイジャンのバクーへ。その後グルジヤのトビリシへ、アルメニヤのイェレバンに行った後、いったんグルジヤに戻り、国境をこえてトルコのトラブゾンに、いご適当に寄り道をして、終着地のイスタンブールへ。

その後成田まで飛行機で戻り、雪の降り続く新千歳へ。こんなルートです。

一般的にロシア国内の観光旅行は、事前に旅行社などをつかって、行き先のホテル、移動手段(飛行機や鉄道)の予約を入れ、前金でその費用を支払い、その領収書を書類にしたバウチュアーを大使館、領事館に提出して、初めてビザの発給があります。したがって自由な旅行は不可能です。

でも、今回私は事前予約なしで簡単にビザを受け取りました(裏技を使いました)。完全に自由旅行ができます。これでロシア旅行は10回目、何とかなるでしょう。

問題は、私の健康状態で、不安を感じたら途中から引き返します。完全自由な個人旅行だから可能です。
また今回訪問する国々は役人の腐敗が猛烈で、途中、賄賂の要求が頻繁であろうことを覚悟して出かけます。今まで何度か経験していますのであまり心配していません。

このたびの旅行ではデジカメとPCを持参してこのBlogに日記と写真を上げ゛ながら移動するつもりですが、なにせまだまだITの条件が遅れた地域のため、毎日写真を上げることができないでしょう。まだダイヤルアップの環境が多いい地域ですので。

まだ1週間以上ありますが、旅行の準備にぼっとうしています。

関連記事
スポンサーサイト


27
Category: 風景   Tags: ---

山に植林に行ってきました。

9月27日。起床時間5時20分。曇り、外気温9度。

25日(土曜日)恒例の植林に参加してきました。
毎年、春と秋町の町有林の植林活動に私が参加している山岳連盟員として参加しています。もう10年くらいたったでしょうか。最初に植えた木はもう私の身長くらいまでなっています。この山が元の姿を取り戻すころには私は旅立っているでしょう。でも子供たちにすばらしい森を残してやりたく、毎年この植林に参加しています。

9月25日植林

関連記事


20
Category: 風景   Tags: ---

北国は今秋真っ盛り。

9月20日、起床時間5時20分、晴れ、外気温+13度。

相変わらず引きこもっています。昨日秋空があまりにもきれいなので久しぶりにカメラを抱えて車で出かけてみました。

西にある石狩川をわたり、樺戸連山のふもとにあるブドウ畑に行ってみました。ここは石狩平野より標高が100mも上がった丘陵地帯にブドウ畑が広がっています。ブドウの木にはたわわに実ったブドウがぶら下がっていました。籠に入ったブドウとワインを買って下山してきました。

帰り道近くのグライダーの滑空場によってきました。青空をバックにグライダーが3.4機音もなく飛んでいます。
すばらしい秋空の下の1日でした。

石狩平野に広がる稲作地帯はもう稲の刈り取りが5.6割終わっています。

9月19日No2

農道が一直線に伸びています。

9月19日No6

石狩川の畔にあるグライダーの滑空場

9月19日No3

今一機飛びたちました。

9月19日Ni

操縦席の後ろからプロペラが飛び出すグライダーもあります。

9月19日No5

関連記事



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。