HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


In 10 2008

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: 風景   Tags: ---

山は白くなっています。

10月30日、起床時間5時20分、曇り、外気温4度。

この所雨が降り続き一段と温度も下がり初雪か?と思われましたが、まだ平野部には初雪が訪れていません。
昨日午後から一時雨がやみ雲も通り過ぎ周りの山々が一瞬姿を現しました。西の山も東の低い山々も山頂は真っ白になっていました。

今日から年賀状が発売とのこと、毎年年賀状の発売日には雪が舞っていたことを思い出しました。

10月30日初雪

自宅の窓から望んだ樺戸連山、中腹から上は真っ白になっています。

10月30日初雪No2

朝6時の西の山々、雲で覆われていますが一部雲の隙間から日が漏れだしています。

10月30日初雪No3

樺戸連山の最高峰、ピンネシリ山(1、100m)も山頂は雪で覆われています。


関連記事
スポンサーサイト


25
Category: 風景   Tags: ---

石狩平野の秋

10月25日、起床時間5時50分。快晴、外気温11度。
今日のウオーキング、自宅出発13時40分、帰宅時間17時05分、19,674歩。

23日から再開したウオーキングはさっそく昨日24日はサボリ。朝から強風が吹きつのり意欲が萎えて休んでしまった。今日は朝から快晴、昼近くになって温度も上がりだし、快い秋の様相、今日こそはと1時過ぎに家を出た。ずーっと休んでいたので2万歩近く歩くと幾分疲れが残っている。でも快い疲れだ。

ここ石狩平野はいま秋の真っ盛り、秋空の下に黄金色に輝いていた。

10月25日石狩平野の秋

10月25日ナナカマドNo2

10月25日ナナカマド

10月25日秋のそら

10月25日落日


関連記事


24
Category: 植物   Tags: ---

秋、深まる。

10月24日。起床時間6時50分。30分ほど前から目覚めていたが、うつらうつらとベットから出ることが出来なかった、熱い。外は曇っていて強い風が吹いている。熱いわけだ、外気温19度もある。

このところずっとウオーキングをサボっていたら体重が一時より2Kgも増えている。まずい!!昨日23日からまたウオーキングを再開した。13時30分自宅出発、帰宅時間16時11分。15,607歩だった。ウオーキングルートの周りの秋を写真に残しながら歩いてきた。秋は確実に深まりつつある>

10月23日の秋No2

10月23日の秋No1

10月23日の秋No3

10月23日の秋No4

10月23日の秋No5

10月23日の秋No6

10月23日の秋No7

10月23日の秋No8

関連記事


22
Category: 風景   Tags: ---

日に日に木々は黄色に色づきだしています。

10月22日、起床時間7時00分。晴れ、外気温7度。昨夜遅くまで起きていたので寝坊してしまった。

毎日の様に通っていた野鳥の観察も終わり、また引きこもり状態になりつつあります。今日町の温泉に行った際に体重を量ると1Kg増えていた。この所ウオーキングもサボっているので最悪な状態になりつつある。明日からまた歩きだそうと思うが意欲が無くなっている、どうなることか??

温泉から帰り道ちょっ山の奥地に車を走らせて紅葉を探しに行ってきた。あまり絵になる紅葉は無った。

北国の森の小道、今。

10月22日、山の道

関連記事


19
Category: 風景   Tags: ---

北国への秋の使者マガンも南に去りました。

10月19日、起床時間5時20分。秋も深まりこの時間ではまだ外は真っ暗な時季になりました。外気温12度、幾分暖かく感ぜられます。

毎日のように通勤していた宮島沼へのマガン観測の勤務も、今期は終わりにしました。まだ数千羽が残っていますが、日に日に少なくなっています。

17日(金曜日)に天気も良いので、宮島沼からの帰りに久しぶりに秋の紅葉を求めて長距離ドライブに切り替えてみました。250Kmほど走ったでしょうか。でも、満足できる紅葉には出会うことは出来ませんでした、幾分黄色に色づいた木々も有りましたが、紅葉はの色づきが今一つでした。

秋の陽を浴びて穏やかに静まりかえる袋地沼と水鳥達。

10月17日袋地布の水鳥たち

芦別の三段の滝。

10月170日芦別三段の滝No2

10月17日芦別三段の滝No3

10月17日芦別三段の滝No1


関連記事


15
Category: 植物   Tags: ---

袋池沼の野鳥たち。

10月15日。起床時間5時05分。外を見ると満月状の月が煌々と輝いていた。外気温7.7度。窓を全開にして、部屋の中に三脚を立てスコープ(望遠鏡、これは野鳥観察用の物)をセットして覗いてみた。明け方の空気は澄み切っていて月のクレーターもはっきりと見えている。デジカメをセットして撮影を試してみたが、画像が蹴られて失敗、諦めた。

写真は一昨日訪れた袋地沼の野鳥たち。

10月13日袋池沼No2

10月13日袋池沼No3

10月13日袋池沼No1

ふだんこの地域ではアオサギをよく見ることが出来ますがチュウサギは3年ぶりに見ることができました。

10月13日ダイサギNo2

チュウサギ コウノトリ目サギ科
学名 Egretta intermedia
英名 Intermediate Egret
露名 Средняя белая цапля
漢字名 中鷺
大きさ L69cm
保護指定状況 国RDB準絶滅危惧 北海道RDB稀少種

10月13日ダイサギNo1


関連記事


14
Category: 未分類   Tags: ---

秋の青空にグライダーが浮かんでいました。

10月14日、起床時間3時05分、快晴と思われる、満月近い月が煌々と輝いている。外気温17度。
まだ真っ暗なのに目が覚めた、熱い、うっすらと汗をかいている。あまりにも熱いので起き出して温度計を見ると外気温17度もあった。毛布の上に夏布団をかけて寝ていた。これじや熱いわけだ。すっかり目が覚めたので起きることにした。

昨日はあまりにも良い天気に誘われて9時過ぎに車で出かけてみた。毎日のように宮島沼にマガン観察に出かけていたので気分を変えて北にある袋地沼に出かけてみた。ここは以前ガンカモ類の観察のフイルドとして毎日通っていた所である。

10年くらい前は此処にはヒシクイ、宮島沼にはマガンと住み分けて飛来していたのにいつの間にかこの沼にもマガンが飛来するようになってきた。素人考えでは宮島沼にあまりにも多くのマガンが集まるようになり、あふれ出し、近くの他の沼に分散して来ているのではないかと思われる。

沼に到着して車を降り様としたときスコープを忘れてきたことに気が付いた、仕方なくカメラと三脚のみ抱えて沼に近づく。いた!!5.000羽以上は居るだろう。近くには誰もいない。注意をしてゆっくりと沼に近づいたのに一斉に飛び立ってしまった。ごめん!驚かせてしまったようだ。仕方なく少し遠い所にに移動して観察することとする。

1時間程度此処に留まって観察。天気も良く暖かい。マガンのほかカモ類も多数集まっていた。珍しくチュウサギがいる。真っ青の秋の空にグライダーが音もなく飛んでいる。この沼の北1kmにグライダーの基地があるのだ。ここに移動することにしたカメラを抱えて車に乗り込んだ。

10月13日グライダーNo3

10月13日グライダーNo1

10月13日グライダーNo4

10月13日グライダーNo5

10月13日グライダーNo2

関連記事


12
Category: 植物   Tags: ---

マガンは続々と本州にに旅立っています。

10月12日、起床時間、5時10分、外はまだ明けきっては居ないが夜半からの雨が残っているようだ。

雨が降らない限り毎日のように宮島沼にマガン観察に通っています。ほとんど日中ですが天気が悪く思うような写真は撮れません。4日ほど前の53.000羽を最後に毎日のように南下するマガンが増え、昨日は22.000羽、今日は幾分盛り返し25.000羽が沼に留まっています。
仙台近郊の伊豆沼には38.000羽が到着しているようです。

今日は久しぶりに沼入りを見に夕方の5時近くに行きました。久しぶりに駐車場が満杯、ピークを過ぎた今頃になってこんなに沢山の人が集まってくるとは??

月面を横切るマガンのシーンを撮影したのですが、三脚を持って行かなかったので手ぶれを起こしだめでした。

10月12日旅立ち

5時過ぎに続々と沼入りするマガンがいる中、数千羽のマガンか一斉に本州をめがけて旅立ちをしていきました。

関連記事


08
Category: 動物   Tags: ---

秋のマガン日よりが続いています。

10月8日、起床時間8時00分。快晴、外気温不明(温度計を見るのを忘れてしまった)。

昨夜と言うより今朝2時頃までベットの中で本を読んでいていつの間にか眠ってしまっていた。気が付くとスタンドの電気をつけたまま眠っていた、もうすぐ5時、トイレに起き出してまたベットに潜り込んだ。そんなわけで久しぶりの寝坊となったわけ。

この所毎日宮島沼に野鳥観察に出かけている。此処の沼はラムサール条約登録地で、世界的にもマガンの集積地として有名なところ。例年春には約7万羽、秋は幾分少なく4万羽のマガンが渡りの途中の休憩地として集まってくる。
今年は例年より2.3日送れたがまたシベリヤから子供を連れてやって来た、昨日の発表では53.000羽、秋に5万羽を越えたのは初めてだそうだ。

昨日7日には昼過ぎに出かけたが、久しぶりに沼に2.3万羽のマガンが留まっていた。2.3度上空に飛来したタカなどの鳥を警戒して一斉に飛立つシーンがあった。いくぶん迫力に欠ける写真ではあったが一斉飛び立のシーンが撮影でき、満足して3時過ぎに帰宅した。

10月6日No4

10月6日No1

10月7日No2

10月7日No5

10月7日No1

10月7日No4

関連記事



1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
13
16
17
18
20
21
23
26
27
28
29
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。