HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


In 08 2006

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category:   Tags: ---

深山にひっそりと咲く野の花たち。

28日の山行きは途中で下山となりましたが、1人でゆっくりと足元の草花の写真を撮りながら下山することが出来ました。

下界に観賞用に植えられた花も美しいものが沢山ありますが、山道の脇にひっそりと咲いている小さな草花も、目を近づけて1つ1つゆっくり見るとどれもが美しく、控え目に咲き誇っています。どんな小さな花にも愛おしさが感ぜられます。そんな思いを込めて、写真にとって見ました。

IMG_6767-1.jpg


和名 ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科
学名:Geranium nepalense subsp. thunbergii
別名:ミコシグサ(御輿草)
花期:夏~秋

IMG_6770-1.jpg


IMG_6769-1.jpg


和名 カタバミ(片喰) カタバミ科
学名:Oxalis corniculata
花期:春~秋

IMG_6783-1.jpg


IMG_6785-1.jpg


IMG_6787-1.jpg


和名 ウド(独活)  ウコギ科
学名:Aralia cordata
花期:秋

IMG_6792-1.jpg


和名 コウゾリナ(顔剃菜)キク科
学名:Picris hieracioides var. glabrescens
花期:春~秋

関連記事
スポンサーサイト


29
Category: 行事   Tags: ---

尻別岳登山、途中リタイアー。

北海道後志地方の尻別岳1.107m登山に参加しました、途中体調の異変の前兆が時々発生。途中から下山しました。

今年に入ってから毎日のウォーキングスタート後20~30分ご時々胸を圧迫するような感じを覚えることがありました。以前患った狭心症発作の前兆に良く似た症状です。

今回の登山の際にも、体力はまだ十分に残ってましたが、2.3度この感じが出てきましたので、山中でもし狭心症の発作でも起きると手遅れと、余裕をもって途中から下山しました。

IMG6805.jpg


IMG_6716-1.jpg


IMG_6718-1.jpg


元気いっぱい登山開始。

IMG_6754-1.jpg


IMG_6728-1.jpg


5合目あたりから頂上をのぞき見る。

IMG_6777-1.jpg

尻別岳の隣には羊蹄山があります。見る角度によっては尻別岳が羊蹄山の弟のようにも見えます。

羊蹄山(蝦夷富士)
標高1898m、富士山に似た円錐形の美しい山容から別名「蝦夷[えぞ]富士」と呼ばれる。頂上からは日本海、太平洋が遠望できる。登山道は比羅夫[ひらふ]、真狩[まっかり]、京極[きょうごく]、喜茂別[きもべつ]の4つのルートがある。

帰る頃にこの羊蹄山に雲の傘がかかりました。

IMG_6795-1.jpg


一人さびしく、途中リタイアして戻りました。ふもとの林。

IMG_6800-1.jpg


下山後、地元の京極温泉で汗を流し、小樽市で寿司やに寄って帰りました。小雨に煙る小樽の運河通り。

関連記事


26
Category: 風景   Tags: ---

秋の気配を求めて。

あの暑く燃え上がった2日に渡る高校野球決勝戦も去り、北国は今年の夏が終わったようです。
窓を開けて寝ていても朝の寒さに目を覚まされるようになりました。2.3前からは空の青さが一段と秋めいてきました。

どこかに秋の知らせが届いていないかとカメラ片手に歩いてきました。

IMG_6658-1.jpg


少なかった雨も先週ふり、8月中旬の高温も幸いし平年に比べ3.4日遅れの稲も遅れを取り返したそうです。今年も豊年が見込まれそうです。稲穂も十分に実を付け垂れ下がっています。農家の人たちの明るい表情にほっと一息ついているこのごろです。

IMG_6686-1.jpg


黄金色に染まりだした北海道石狩平野の田圃。
本州に比べ1枚の田圃が大きいと思います、北海道の石狩平野のこの地区では稲作専業の農家が殆ど、平均15町歩位の農家が多いいようです。

IMG_6674-1.jpg


雲も秋の様相を帯びてきました。蕎麦畑はもうすぐ取り入れです。

IMG_6682-1.jpg


くるみの木もこんなに沢山の実をつけています、もう少し待ったら食べられるようになるでしょう。

IMG_6697-1.jpg


カボチャもこんなに大きくなりました、北海道のカボチャは大変美味しいですよ。

IMG_6693-1.jpg


秋の空と秋雲。

IMG_6699-1.jpg


IMG_6702-1.jpg



IMG_6695-1.jpg


収穫の後。

関連記事


25
Category: 動物   Tags: ---

大発見!! "マナヅル"??

IMG_6661-1.jpg


マナヅル 真鶴
ツル目 GRUIFORMES 
*ツル科 Gruidae
*英名  White-naped Crane
*学名 Grus vipio

この写真の鳥、マナヅルですよね??何度確かめてもマナヅルのようだ。北国の北海道に渡ってくることが有るのか、びっくり。九州や山口県で中国から秋に渡ってきて越冬するのは知っていたのですが、初めて見ました。

今日は秋空に誘われて午後2時過ぎにウオーキングを開始、市街地から1Km位はなれた農道を歩いていると、向こうから来た車が止まり、写真機を抱えた人が降りてきた。私も秋の気配を探しながら歩いているので「写真撮影ですか?」と尋ねると、「このあたりに昨日からマナヅルが居るらしいと聞いて隣町からやってきた」とのこと。400mmレンズ装着の彼が田圃の中を探し「いた、いた」と興奮。何枚か撮影した後で、Canonのレンズだったので私の写真機をつけて撮影してもいいよと言ってくれました。

オートフォーカスが効かないので手動でピントを合わしたのですが、残念ながらピンボケの写真しか取れませんでした。

IMG_6660-1.jpg


IMG_6666-1.jpg


撮影をした現場の写真です。インターネットで色々検索をして、マナヅルが北国北海道で観察されるのが珍しいのか否か調べていますが、わかりません、何方か情報をお持ちの方が居ましたら、コメント宜しくお願いいたします。

インターネットで照会をしましたら早速コメントが付きました。マナヅル確認です。文献によると1985年に長沼町で唯一繁殖記録があるそうで、多分渡りの途中であろうが、北海道で観測されるのは珍しいそうです。
明日は三脚とレンズ、さらにスコープを用意してもう一度出かけるつもりですが、飛び去っているかもしれません。

関連記事


19
Category: 風景   Tags: ---

秋近し

お盆も過ぎ、朝晩は秋の様相が感ぜられる時期になりました。北海道の味覚、トウモロコシも収穫が始まりだしています。

IMG_6633-1.jpg

関連記事


13
Category:   Tags: ---

夏の花

IMG_6530-1.jpg


和名 キキョウ 桔梗
学名:Platycodon grandiflorum
別名:オカトトキ(岡ととき)
花期:夏~秋
桔梗は秋の七草に入っていますが初夏から咲き出すのですね。

IMG_6498+1.jpg


花の名前、同定できていません、判明したら記載します。

関連記事


12
Category: 風景   Tags: ---

北国北海道の郊外風景。

北海道でも札幌のような都市の風景は東京などの都市風景とは大きな違いが有りません。しかし、一歩郊外に出ると本州以南の風景とはがらりと変わります。
北国の農村地帯の風景写真です。

IMG_6632-2.jpg


大木の前の畑はカボチャ畑です。入道雲が湧き出しました。


IMG_6592-1.jpg


今では農家の家も純日本風の物は殆どありません、屋根瓦が全く使われていないのが北海道の特徴です。

IMG_6595-1.jpg


農道も広いでしょう。道路わきの並木は北海道を代表するポプラ並木です。
 
IMG_6574-1.jpg


農村道路もこの様に広く直線のものが多いいようです。向こうの赤白の煙突は3Km先の石炭火力発電所の煙突。

IMG_6572-1.jpg


田んぼではトラクターが羽を広げて消毒作業をしています。

関連記事


11
Category: 風景   Tags: ---

IMG_6627-1.jpg


IMG_6624-1.jpg


夕暮れの雲。

IMG_6583-1.jpg


入道雲が出てきました、夕立がほしいところですが、無理かも

関連記事


10
Category: 動物   Tags: ---

珍客

今日は午後4時頃からウオーキング、暑いがそよ風が吹き快い。途中珍客に出会いました。可愛かったですよ、へへへー。

IMG_6605-1.jpg

関連記事


08
Category: 行事   Tags: ---

七夕遊び。

昨日7日は月遅れの七夕でした。北海道は月遅れの七夕祭りが主流のようです。

私の街の中を流れる小川のほとりで200人もの子供たちが集まり、テントを張って北国の短い1夜を楽しみました。
私も午前中からテント設営を手助けしました。30度を越す炎天下、皆で30張りをこすテント張りで汗だく、午後作業修了後冷たい生ビールで生き返りました。

IMG_6558-1.jpg


北海道には大きな笹の木が無いので、小川の辺から柳の木を切ってきて
七夕飾りを作ります。

IMG_6509-1.jpg


炎天下テント設営に苦労する我々山岳連盟の会員。

IMG_6508-1.jpg


テントの設営完了、手伝いはこれまで、後はビールが待っている。

IMG_6519-1.jpg


暑さに絶えかねて子供たちが水遊びをしています。涼しそう。

IMG_6516-1.jpg


IMG_6522-1.jpg


今日はびちゃびちゃになっても、お母さんは笑い顔で迎えてくれそうです。

IMG_6525-1.jpg


子供たちは1時過ぎに集まりだして遊びを始める予定になっていますが私は6時過ぎに食事時間をめがけて、再度会場に行って見ました。
やってます!ジンギスカン!

IMG_6568-1.jpg


昼からの遊び疲れもこの食欲でいっぺんに吹っ飛んでいくでしょう。


IMG_6541-1.jpg


IMG_6547-1.jpg



IMG_6566-1.jpg



IMG_6570-1.jpg


夕闇が近づいています。子供たちの1日はまだまだあります。暗くなり、1年生から学年ごとにグループを作り、近くのお寺に"肝試し"に出かけていきました。帰ると花火大会が待っています。9頃から始まるキャンプファイャーの準備も整っています。
 家族ぐるみでの水遊び、楽しかった夏休みの思い出として、大人になってからも時々思い出されるでしょう。

****************************************************************
北海道の七夕祭り。
七夕は7月7日ですね、しかし全国の七夕には色々な異なった日があるようです。ちょっと調べてみました。
1.7月7日  2.旧暦の7月7日(今年は新暦に直すと7月31日に当たります)  3.月遅れの8月7日
北海道ではこの月遅れの8月7日が多い様です。

ではなぜ梅雨の真っ最中の7月7日に七夕があるのか、当然、曇ったり、雨だったりで、お星様は見られないことが多いのに?
日本では江戸時代まで暦は旧暦(天保暦)でした、この暦での7月7日は新暦に換算すると日にちが移動しますが、おおよそ今の8月上旬~中旬となるのです。明治6年(1873年)に政府は暦をグレゴリオ暦(新暦)に変えました、このときから7月7日は梅雨の真っ盛りとなってしまったのです。

今では仙台地方、北海道では月遅れの8月7日に七夕祭りを行います。この方が江戸時代までの季節感に近いようですね。

ところによっては旧暦の7月7日に七夕を行う地方もあるようです。新暦に換算すると毎年日にちが変動します。旧暦では閏月などもあり7月が2度もある年も有ったようです。

関連記事


07
Category: 風景   Tags: ---

北国、夏の夕暮れ。

暑かった1日も終わりかけ、西の山陰に太陽も沈みました。今夜は少しは過ごしやすい1夜に成るだろうか。
もう1週間もすると朝夕秋風を感ぜられる様になるだろう。北国の短い夏はあっという間に過ぎ去ります。

IMG_4348-2.jpg



IMG_4352-1.jpg



IMG_4347-1.jpg

関連記事


06
Category: 行事   Tags: ---

炎天下のお祭り

自宅近くの「道の駅:ハウスヤルビ奈井江」でお祭りがありました。お祭りといっても2.3年前から始めた人集めのイベントでまだ定着していません。10時から開催のところ30分過ぎに出かけたので、まだ人が集まっていません。
 手打ちそばのグループが集まってそばうちをしていました。


IMG_6497-1.jpg


IMG_6493-1.jpg

 私の町から素人蕎麦うち名人全国大会、全国第2位の準名人が出てからこの蕎麦うちがはやりだしたようです。

関連記事


04
Category: 動物   Tags: ---

友達の牛たち。

私が歩いているコースの先々では何時も友達の動物達が私を迎えてくれます。犬、猫はもちろん、牛や、馬も私を覚えてくれています。今日も放牧場で休んでいる牛達が私が近づくと一斉に寄ってきました。

長い舌を出して私を舐めまくります。ごめんね! 焼肉屋で食べた"タン"
を思い出しました。 ただ涎が服に付くと臭くてたまりませんから一歩引いています。
何時もそうしますが牛の額を掻いてやります、気持ちがよいのか、おとなしくしています、止めると、もっと掻いてと顔を寄せてきます。


IMG_6490-1.jpg


IMG_6487-1.jpg


IMG_6479-1.jpg


IMG_6492-1.jpg


昔の北海道の農家は必ず馬を飼っていました、今は殆ど機械化され、馬は趣味で飼われるのみ。私の町にも1.2軒しか馬はは見られません、しかし、この所ペットとしてポニーを飼うのが流行しだしています。時々牛の放牧場で遊んでいるポニーを見ることが出来ます。かわいいですよ!

関連記事


03
Category:   Tags: ---

夏の花、その2

IMG_6473-1.jpg


和名 エリンジウム (まつかさあざみ)
学名 Eryngium planum
宿根草 【せり科ひごたいさいこ属】
原産地 ヨーロッパ、小アジア、コーカサス、南北アメレカ   
6~8月に咲く  花玉径4~5センチ

2日夕方のウオーキング時に農家の庭に咲いていました。初めて見た花です。名前がわからずネットで問い合わせをしました。(植物園へようこそ、Botanical Garden : http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html)。2.3分でコメントが付き、図鑑で確認しました。大変便利に利用させていただいています。

関連記事


02
Category: 未分類   Tags: ---

北国の短い夏

今日は朝半そででは少し寒く感じていましたがやはり夏、午後からは気温が上がりだしました。今日もウオーキングは夕方からにしましょう。

IMG_6222-1.jpg


牧場の1番草の刈り取った後は、照りつける太陽の熱を浴び、むせ返る牧草の匂いがします。

IMG_6214-1.jpg


かぼちゃが育っています、収穫までは今しばらく。

IMG_6217-1.jpg


IMG_6237-1.jpg


IMG_6210-1.jpg

関連記事


01
Category: 未分類   Tags: ---

夏の花

30日、ウオーキングは朝から暑かったので夕方に変更、6時頃から歩き出したところ調子付いて15Kmも歩いてしまった。昨日の朝はまだ疲れが残っていたので休み。今日は朝6時出発で1時間半写真を撮りながらのウオーキングで5Kmと端折った。

IMG_6335-1.jpg


エゾノキツネアザミ キク科アレチアザミ属
Breea setosa
花期 8~10月

IMG_6321-1.jpg


ヘラオオバコ  オオバコ科オオバコ属
Plantago lanceolata
花期 6~7月
帰化植物

IMG_6316-1.jpg



IMG_6341-1.jpg


IMG_6310-1.jpg


7月27日朝、このブログに手を入れようと開けてみるといつもと様子が違います?? よく見ると入力した文字列が左詰と成っていたものが全部センターリングと書き換わっています??

レイアウトがめちゃくちゃです。リンクしてい方のブログを見ても換わっていません。調べて行くと私と同じFC2の同じテンプレートa-2417を使っているもののみ文字がセンターリングしています。ためしにブラウザーをFirefoxに変えてみると文字は左詰で表示されました。

このときに有ることを思い出しました。前日IEのバージョンを7にアップしたことです。Skypeで友達を呼び出し、IE Ver7を使っている方に見てもらいました。文字はセンターリングしているとの事、今度はIE Ver6を使っている方に見てもらうと、左詰に成っていると報告を受けました。

結論は、FC2でテンプレートa-2417を使っている場合、IEのバージョンを7にアップすると不都合が出るようです。

早速Ver6に戻しました。

関連記事



5
9
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
27
28
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。