HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


"キルギス(2012ユーラシア大陸横断の旅)" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03
Category: キルギス(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

禿爺の『ユーラシア大陸横断一人旅』旅行記 キルギス編

8月8日、午後4時過ぎにキルギスの地方都市オシュから乗り合いタクシーで首都のビシユケクに入りました。
2年前のアジア大陸横断の旅で訪れた街です。其のときは同年4月に国内暴動から前大統領が国外脱出で新大統領が誕生して、その年の11月訪問でしたので、街中にはまだ暴動の痕跡があちこちにありましたが、それも殆ど片付けられ、街は落ち着きを取り戻しているように感ぜられました。
でも、短期間滞在の外国人には感ぜられなくとも、多分まだその時の影響は表面下に沢山残っているのではないかと思いました。

滞在先は前回同様『さくらゲストハウス』、久しぶりに会ったご主人初め奥さん、それに可愛い2人の娘、『さくらちゃんとそらちゃん』お姉いちゃんのほうは来月から小学校とのこと、空ちゃんも大きくなっていました。

此処で今回の旅で旧ソ連地域を同行する大阪のAさんと会い、カザフスタンに2人で移動することにしました。Aさんとはルーマニアまで同行します。

IMG_7555-1.jpg

キルギス、ビシュケクのオシュバザールの賑わい。

IMG_7562-1.jpg

バザール内の肉屋さん、肉の塊を鉞で裁いています。この様な肉屋さんが数十軒並んでいます。此処はは必ず屋内か屋根つきの売り場になっていて、肉のにおいが充満しておりとても長居は出来ませんでした。

IMG_7565-1.jpg

中央アジアは果物の豊富な地域、バザールでも果物が豊富に売られています。ただ、りんご、梨、柿などは小さく、硬く、不ぞろいで傷も多く、とても日本の物と比較になりません。ぶどう、スイカ、メロンはみずみずしく、甘くこちらは一品ぞろいです。

IMG_7585-2.jpg

以前きたとき暴動で焼け爛れていた大統領府前の建物は、シートが掛けられ、修理中でした。

IMG_7588-1.jpg

この建物は大統領府。以前この建物の前の鉄柵に暴動で犠牲になった80数人の人々の遺影が掛けられ、花束で覆われていましたが、いまはそれも片付けられ、静かな街に変わっていました。

IMG_7605-1.jpg

街は木々が多く花も飾られ美しく飾られています。道端のゴミも以前より幾分少なくなっているように感ぜられました。人々の暮らしに落ち着きが出てきたのでしょう。

スポンサーサイト



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。