HIDEのPhoto BLOG

北国での日々の生活や個人旅行を写真でお知らせします。


"ギリシア(2012ユーラシア大陸横断の旅)" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
Category: ギリシア(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、ギリシャ、サントリーニ島編。

11月11日、午後3時、外気温-1.0度。昨日からの雪は断続的に降り続いている。積雪35cm。

ギリシア、サントリーニ島 (GREECE Santorini)

Wikipediaより。

サントリーニ島(Σαντορίνη / Santorini) もしくは ティーラ島(Θήρα / Thira)は、エーゲ海のキクラデス諸島南部に位置するギリシャ領の火山島。かつて大爆発を起こした火山が形成したカルデラ地形で、本島を含めた5つの島々の総称としても用いられる。

カルデラ湾を望む断崖の上に白壁の家々が密集する景観でも知られており、エーゲ海の著名な観光地の一つである。一方で、サントリーニ・カルデラ内では現在も活発な火山活動がある。


DSCN9414-1.jpg

10月18日、シンタグマ広場の争乱に巻き込まれた後、午後5時過ぎに地下鉄と近郊電車を乗り継いで、港のあるピレアス(Pireas)に出かけ、19日のサントリーニ島へのフエリーのチケットを買って帰った。

2012.10.19 午後4時過ぎ電車を乗り継いでピレアスの駅に着いた。写真はピレアスの駅前。この跨線橋を登って港に出て船の乗船口に行く。

DSCN9416-1.jpg

ピレアス港。

DSCN9422-1.jpg

私が乗り込んだのは2ツ並んでいる内の向こう側のPEBYMHO号。

Pireas港

グーグルアースより。

サントリーニの地図1

町は島の西側に集まって居た、西側は海から切り立った崖が続き、街並はその崖の上にある。この高台から東側に緩やかに標高を落とし、東側の海岸は砂浜の海水浴場が続く。

ユースに予約を入れたとき、この島の地理が判らずに東側の海水浴場Parissaに宿を取ってしまった。すばらしい景観は西側に多い。

DSCN9424-1.jpg

乗り込んだフエリーの中にこんな表示があった。この船はたぶん日本の中古船の様だ。

DSCN9441-1.jpg

ピレアス港からはアドリア海の諸島にフエリーが頻発している。この併走していた船はしばらくして離れていった。

DSCN9444-1.jpg

この船は6時に出航して翌朝午前3時45分にサントリーニ島のAthinips港に入港する。エーゲ海が夕日に染まりだした。

DSCN9446-1.jpg

早朝4時前に船は港に入った。港には各ホテルから迎えの車が来ている。迎えの車はどんどん出発して、埠頭には車が居なくなった。港にはタクシー会社もあったが前日ATMから現金を引き出すのを忘れていて、持ち合わせが少ない。近くに居た人に24時間稼働しているATMが無いかと聞いたが山向こうの町に行かなければ無いと言われた。

えーい、面倒だ。真っ暗な道を歩き出した。ここの埠頭から標高200m位道は急登している、真っ暗な山道をひとりで歩いた。結局パリーサのユースに着いたのは午後1時過ぎ、9時間も歩いたことになる、たぶん30Km以上はあっただろう。夜が明けて途中バスが通り過ぎていくが、意地をはって歩き続けた。

DSCN9469-1.jpg

パリーサの街並。

DSCN9473-1.jpg

泊まったユースホステルはAnny Studios-Parissa Beach 10.20. 21.22. 3泊、Standard Bed Mixed Dorm Ensuite 1泊11ユーロ1.045円。

表の海岸通りからこの小路に入ってユースに入って行く。

DSCN9449-1.jpg

チェックインしたらユースのオーナーが、今はお客さんが少ないので(10月下旬)この部屋を使って良いよと、ドアを開けてくれだ。ツインだ!部屋にはバス、トイレも、冷蔵庫、キッチンもある。そしてベランダを開けると目の前はプール!! こんな部屋で1.045円とは、海岸の砂浜まで30mくらい、歩いて5分。10月下旬でも泳いでいるひとがいる。さっそく近くの店で海水着を買って海に入った。

DSCN9453-1.jpg

10月21日バスに乗って島の北東部にあるイア(Oia)の町に出かけた。この街から眺める景観がこの島の売りだ!すばらしい景色、

DSCN9454-1.jpg

この街の建物は真っ白にに塗られている。屋根はエーゲ海の色、コバルトブルーに塗られていてた。

DSCN9456-1.jpg

この日は天気も良くエーゲ海がコバルトブルーに輝いて居る、崖にそって建てられた真っ白な家々。空もコバルトブルーに輝いて居る。

DSCN9457-1.jpg

DSCN9464-1.jpg

DSCN9465-1.jpg

真っ青な海には、真っ白な豪華客船が停泊している。

DSCN9466-1.jpg

イアの海岸通り。お土産やもたくさんある。この時期、観光時季を過ぎていたので観光客は比較的少なかった。

DSCN9467-1.jpg

エーゲ海の夕暮れ

DSCN9474-1.jpg

この島からアテネに帰る船が朝早い3時半に入港する便しか無く、10月23日仕方が無いので飛行機でここカマリ(Kamari)空港からアテネに戻ることにした。







スポンサーサイト


11
Category: ギリシア(2012ユーラシア大陸横断の旅)   Tags: ---

『禿爺のユーラシア大陸横断の一人旅』旅行記、ギリシャ、アテネ編

11月11日、とうとうやって来た、外は白一色だ、朝起きてから今午前11時、雪が降り続いている、もう積雪は15cmを越えている。

ギリシャ、アテネ(GREECE Athina)

テッサラニキ駅前。

DSCN9336-1.jpg

2012、10、15 午前9時過ぎにソフィアを出たバスは午後5時過ぎに国境を越えてギリシャの地方都市テッサラニキに着いた。バスの終点から道路を挟んで鉄道駅が見えていた。

この駅で6時頃から11時まで時間を過ごした。どうも駅近辺の雰囲気が険悪だ、町には出ないで駅内のレストランなどで時間を過ごすことにする。

前日にEuropean Rail Timetableでテッサラニキからアテネまでの列車は確認している。すぐ駅の窓口に出かけ夜行の列車で移動することにした。夕方乗って朝方到着とすればユースの一泊は省略できる。23:00発05:05着である、時刻表に寝台マークが無かったが、窓口で聞いてみるとやはり寝台車は連結していないとのこと。椅子に座っての夜明かしになった。疲れ切って朝5時にアテネのラリーサ駅に到着した。

駅到着が16日の早朝だったので駅構内で地下鉄が動くまで待っていたが9時過ぎになっても地下鉄のシャッターが上がらない、地下鉄入り口近辺に多くの人々がシャッターを空くのを待っている。近くの人に聞いて見るとストライキの様だ、こんな事は頻繁にあるとのこと。シャッターが上がったのは昼近くの11時頃だった。

DSCN9354-1.jpg

アテネで泊まったユースはあのパルティノンの丘の真下、お土産屋やレストランが並ぶ繁華街の小道のど真ん中にあった。写真の丘がパルティノンの丘。

10月16.17.18日の3泊 Students & Travellers inn Basic 8bed mixed Dorm 1泊12ユーロ、1.140円
その後サントリーニ島に移動して3泊して再びアテネに23日に帰って来て、またここに1泊した、計4泊。

DSCN9346-1.jpg

翌日、17日からこの街を歩き回った。

DSCN9410-1.jpg

アテネの郊外に行くために、近郊電車も乗り回した。港に行く為に乗った電車の駅。電車は落書きだらけ。

DSCN9355-1.jpg

パルティノンの丘、この丘の下に博物館が有り、発掘された遺物が展示されている。

DSCN9361-1.jpg

パルティノン神殿は、あちらこちらで修復工事中、工事の足場が乱立しており、少々興ざめだった。丘に上がる階段状の道は観光客で混雑。

DSCN9357-1.jpg

丘の上に上がる道の途中にある、円形劇場。

DSCN9368-1.jpg

DSCN9380-1.jpg

DSCN9373-1.jpg

パルティノンの丘からアテネの町を望む。

DSCN9367-1.jpg

18日ゼネストのデモ隊と機動隊の衝突現場に巻き込まれる

DSCN9339-1.jpg

10月18日、明日のサントリーニ島への移動の為、郊外の港に行くつもりで、シンタグマ広場に行った。この広場から地下鉄に乗って港まで行き、19日のフエリーのキップを買っておこうと思ったからである。

10時過ぎに行ったのにまた地下鉄入り口のシャッターは閉まったままだ。またストライキの様だった。この広場の木陰にはいつも野良犬が3.4匹寝そべっている。ベンチに座って犬をかまってシャッターが空くのを待っていた。

11時過ぎ、この広場を取り囲む建物の通りから歌声が聞こえだし、広場に向けて旗を掲げ、歌を歌ったデモ隊が続々と入ってきた。私が休んでいた広場のベンチの周りにもデモ隊がだんだん増えてきて、その数数万の規模になってきた。

最初、広場の外側の少し高くなっている道に、丸腰の警官が数人デモを見ていた。全く険悪な雰囲気は無かったので、私もベンチに座ってデモの様子を見ていたが。ヒヨッと反対側の道を見ると、防毒マスク、盾、銃をもって重装備の警官が数十人、一列になって展開しているのが目に入り、ヤベー、と感じ近くのレストランに逃げ込んだ。

レストランでコーヒーを呑んでいると、突然大音響でレストランの窓ガラスがビリビリと震えだし、レストランの従業員があわてて、テーブルや椅子を持ってきた、入り口の内側ににバリゲートを築くきだした。

外では大音響がビルの谷間に反響している、それに混じってパチパチと豆がはじけるような音が切れ間無く連続して聞こえている。

レストランのマスターがやって来て、ここは危険なので、裏に従業員の出入り口が有り、そこから避難してくださいとのこと。

裏口のドアを開けてビックリした。今まで気がつかなかったが、ドアの向こうの小路は戦闘警察で埋まっていた。またその向こうの小路にはギリシャ国旗を掲げたデモ隊で埋まっている、どうやら政府を支持するデモ隊のようだ。小路に待機していた戦闘警察が一斉に広場に突入して展開した。一斉に催涙弾を発射する。

あのパチパチと豆がはじける様な音はこの催涙銃を発射する音だった。大音響は火炎瓶が炸裂する音だった。ギリシャ国旗を掲げるデモ隊から一斉に歓声と拍手が起こる、もっと催涙弾を発射して反政府デモ隊を蹴散らせと叫んいるようだ。でも、反政府デモ隊数万、政府側のデモ隊は自発的に参加しているようで統制もとれて居ず、どうも数千規模。

そのうちに広場から催涙弾の白い煙がこの小路に流れ込んできた。通りにいた野次馬もデモ隊も一斉に蜘蛛の子を散らすように逃げ出した。私も小路から広場にでて必死に風上に逃げ出した。

そのときに驚くような光景を目にした。一方方向に一斉に逃げ出す数百人の人々に逆らうように、道の真ん中に立って物を売っている人があちこちに居る。見るとある人はぬらしたタオルを、ある人は防毒マスクを売っているのだ。私もこの防毒マスクを買った、下の写真が其れだ。3ユーロ、約300円。マスクの真ん中にキムコを入れた筒状の突起がある、玩具のような物だ、でも、このマスクをすると咳が止まった。しかし涙は止まらない。

這々の体で800m位い離れたユースに飛び込んだ。ここの小路までも催涙ガスの臭いが流れ込んできている。上空にはヘリが何台も飛び交っていた。

3時間後ヘリの音が聞こえなくなったので、性懲りも無くまた広場に出かけてみた。

広場を囲む建物の小路にデモの残党が数十人づつちらばって固まっている。しかし広場の中心には政府支持派のデモ隊が多数を占めていて、あちらコチラで、国旗を掲げ、ギリシャ正教の賛美歌を大音響で流し、ビールの空き箱を踏み台にしてアジ演説をしている。その周りには数百人の人々が集まって口論をしていた。

デモの強制排除が終わったようで、戦闘警察が一斉に整列して機動隊のバスに乗り込んで撤去をはじめた。そのとき、老婦人が警察の列に向かって飛び出していき、孫のような戦闘警察の若者の手を握って『良くやった』と言うように感謝と激励をしているのをみた。

周りを取り囲む群衆も拍手と歓声を上げ警察の撤去を見送っている。

DSCN9386-1.jpg

10月18日セネストのホースターが街中に貼られていたが、ギリシャ語がわからないので、デモに遭遇するまで判らなかった。

DSCN9394-1.jpg

重武装の戦闘警察。

話によるとギリシャでは労働者の25%以上も公務員が居るとのこと。これは、選挙がある度に当選者が自分を支援してくれた者を公務員に採用させる事が続き、増えた物の様だ。駅の窓口などで見ていると、キップ売りは初老の男性が1人。その後ろに何もせずにお茶を飲んでいる人たちが6.7人。こんなに公務員ばかりではする仕事も無いのだろう、それでも給与は保証されている。驚くべきは基本給に+される30%位の特殊手当などの優遇待遇だ。
おどろくべき手当も数々、定時出勤手当という驚愕すべき手当はその最たる物だ。手当を払わなければ誰も決められた時間までには出勤しないと言うことだ。

借金まみれで、外国から借りた借金の償還不能に落ち込んだ政府がこのような優遇政策の見直しを発表したことに抗議するゼネストだったようだ。労働者は金が無いのであれば外国から借りてくれば良いと言う。でも貸していたドイツは返してくれるアテモ無いギリシャにはもう貸せないという。ドイツの国民は我々が汗水垂らして働いたお金(税金)でギリシャの働かなで遊んでばかり居る人々を何で援助しなければならないのかとドイツ政府に不満をぶつける。

ギリシャ国内でもこの様な公務員の態度に不満を持つ人々が居ることが、今回の騒動で手に取るように判った。でも、一般に人々が最も不満に思って居ることは、彼ら公務員の態度より、ほとんど税金を払っていない超富豪層、特権階級に対する政府の態度のようだった。一説に寄ると数百人の超富豪者が国のお金の30%も握っていて、しかもほとんど税金を払っていないと言われて居る。

でも政府がこの富豪者の支援で政権を維持している現状では、なかなか彼らの懐に手を入れることが出来ないようだ。

DSCN9392-1.jpg

DSCN9389-1.jpg

DSCN9398-1.jpg

火焔瓶の火で焼け焦げたベンチ。

DSCN9404-1.jpg

催涙弾が炸裂した後。白い粉の跡が残っている。

DSCN9402-1.jpg

戦闘警察が乗ってきた装甲バス。

DSCN9400-1.jpg

私が付ている防毒クマスクは3ユーロ、玩具のような物でも咳は止まった。










1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。